日本では、今後のエコ社会を見据えて様々な品目のリサイクルが盛んに行われています。例えば、各自治体では「缶」「ビン」など細かく分けて家庭から出たゴミを回収しており、社会的に再利用のシステムが根付いてきています。
他にも、スーパーに行けばペットボトルの回収もシステム的に行われており、日本では多くの人がエコな暮らしの重要性を認識し、毎日小さな努力を積み重ねているのです。

POWERBLADE24|製品案内|コアマン COREMAN シーバス ソルトルアー のスペシャルブランド!

中でも、「スクラップ」とも呼ばれる鉄などの金属は、再生することで環境への負荷を減らすことが可能なため、積極的なリサイクルが日本では行われています。
さて、ここで気になるのが我が国以外の、特に先進国に位置づけられる国々の鉄スクラップなどの資源のリサイクル状況です。ここでは、環境先進国といわれるヨーロッパ各国に焦点を当てて確認してみましょう。

廃車 手続き

まず、日本人と考え方や嗜好が比較的似ているとされるドイツから見てみましょう。この国では、学校の授業の中に地球の環境問題をしっかりと取り上げ、小さい頃から再利用の重要性について学びます。そのため、ドイツ人はリサイクルに対して非常に積極的です。鉄スクラップの再利用も頻繁に行われています。

ビジネスライブラリー 海外ビジネストピックス<レアメタル> - 海外ビジネストピックス - ビジネスライブラリー - ジェトロ

また、同じヨーロッパのデンマークにもこの傾向は見られ、例えば空き缶のリサイクルは徹底的に行われている模様です。
ここでご紹介した両国は、実は缶などの鉄製品に対して、ある程度のデポジット(保証金)が掛けられていることも特徴です。つまり、捨てたスチール・アルミ缶を集めて持って行くと、購入した金額からその分が返金されます。
この制度が、不要なゴミの排出とエコ意識を高め、高いリサイクル率を発揮しているのです。